WinRoadのLaravel4初心者講座

次世代PHPフレームワークのLaravel4を初心者向けに解説して参ります。

Winroad徒然草の管理人がお届けします
ルーティングの基礎

ルーティングの基礎

このエントリーをはてなブックマークに追加

アプリケーションで使用するほとんどのルートは、app/routes.phpの中で定義されます。Laravelの最もシンプルなルートはURI*と無名関数*で構成されます。

ルーティングの基礎

Routeクラスは、基本的に下記のように記述します。※Laravel4のルーティング規約に則れば、1行目の { は、2行目の先頭に記述しなければならないのだと思いますが、私としては、こちらの方が書き慣れているので、ご勘弁ください。

Route::メソッド(URI,無名関数(){
実行コード;
});

下記にRouteクラスのメソッドの使用例を記述します。

  • Route::get(URI,無名関数(){実行コード});
    getメソッドは、HTTPメソッド*にGET*を指定した場合、実行されます。つまり、ブラウザから、直接アドレスを入力したような場合に、第2引数の無名関数が実行されます。

    Route::get('/',function(){
    return 'Hello World';
    });

    上記例は、http://localhost/laravel/publicとブラウザで入力すると’Hello World’の文字が表示されます。

  • Route::post(URI,無名関数(){実行コード});
    postメソッドは、HTTPメソッドにPOSTを指定した場合、実行されます。つまり、フォームから送信したような場合に、第2引数の無名関数が実行されます。

    Route::post('foo/bar',function(){
    return 'Hell World';
    });

    上記例は、フォームからデータが送信された(POST送信された)場合に実行されます。

  • Route::any(‘foo’,function(){実行コード});
    anyメソッドは、全てのHTTPメソッドに対応して、第2引数の無名関数を実行します。

    Route::any('foo',function(){
    return 'Hello World';
    });
  • Route::get(‘foo’,array(‘https’,funciton(){実行コード});
    RouteのHTTPメソッドの第2引数の配列に、’https’を指定することによりHTTPSによるルーティングを強要することができます。

    Route::geti('foo',array('https',function(){
    return 'Hello World';
    });

    上記例は、https://localhost/laravel4/public/fooとブラウザに入力することにより’Hello World’が表示されます。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です