WinRoadのLaravel4初心者講座

次世代PHPフレームワークのLaravel4を初心者向けに解説して参ります。

Winroad徒然草の管理人がお届けします
View::exists()メソッド

View::exists()メソッド

このエントリーをはてなブックマークに追加

View::existsメソッドは、基本的に下記のように記述します。

View::exists(ファイル名)

existsメソッドは指定したファイルの有無を確認します。真偽値*(TRUEまたは、FALSE)を返します。

基本例

Route::get(‘/’, function(){
return var_dump(View::exists(‘hello’));
});

上記例では、「http://ドメイン」と入力すると、app/views/hello.phpファイルがあった場合、boolean(true) を表示します。無ければ、boolean(false) を表示します。var_dump*関数ではなく、そのままリターンすると、UnexpectedValueException例外エラーを表示します。

laravel009

また、echo View::exists(‘hello’) の場合、ファイルがあれば、1 を表示します。尚、ファイルがなければ何も表示しません。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です