WinRoadのLaravel4初心者講座

次世代PHPフレームワークのLaravel4を初心者向けに解説して参ります。

Winroad徒然草の管理人がお届けします
HTML::link()メソッド

HTML::link()メソッド

このエントリーをはてなブックマークに追加

HTML::linkメソッドは、基本的に下記のように記述します。

HTML::link(URL,タイトル,属性の配列,セキュア)

HTML::linkメソッドは、第1引数で指定したURLへのリンクを生成します。URLの指定は、相対指 定(相対パス)の場合 は、ベースURLがlocalhost/laravel4/publicとなります。絶対URL(完全パス)は、http://から全URL文字列を指定します。第2引数は、リンクに表示する文字列(タイトル名)を指定します。第3 引数は、オプションで属性を連想配列で指定します。第4引数は、オプションで、セキュア(HTTPS)の真偽値(trueまたは、false)を指定します。デフォルトはNULL値です。尚、絶対URLで指定した場合、第4引数は無視されます。

基本例

<li>{{ HTML::link('/','Top') }}</li>
<li>{{ HTML::link('http://laravel4.winroad.jp','Laravel4初心者講座',array('class'=>'brand'),true) }}</li>
  • 上記例は、下記のようなタグを生成します。
    <li><a href="http://localhost/laravel44/public">Top</a>></li>
    <li><a href="http://laravel4.winroad.jp" class="brand">Laravel4初心者講座</a></li>

尚、第4引数をtrue指定する場合は、下記のメソッドが利用できます。

HTML::secureLink(URL,タイトル,属性の配列)

HTML::secureLinkメソッドは、linkメソッドの第4引数にtrueを指定したのと全く同じです。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です