WinRoadのLaravel4初心者講座

次世代PHPフレームワークのLaravel4を初心者向けに解説して参ります。

Winroad徒然草の管理人がお届けします
Model::create()メソッド

Model::create()メソッド

このエントリーをはてなブックマークに追加

Model::createメソッドは、新しいモデルを保存してインスタンスをリターンします。

モデル名::create(新規作成データの連想配列)

モデル名::createメソッド(Modelクラスは今後、Model::createのように記述します)は、モデルのインスタンス化と与えられた連想配列のデータ(キーと値)の保存を同時に行います。尚、このModel::createメソッドを使用するには、複数代入が出来るようにあらかじめモデルに記述しておく必要があります。

モデルの設定

//複数代入可能な属性を定義する
protected $fillable=array('first_name','last_name','email');
//複数代入不可能な属性を定義する
protected $guarded=array('id','password');

一般的なデータの作成

複数代入が出来ない場合は、下記のようにデータを作成します。

$data=new User();
$data->username='nakada';
$data->password='0123';
$data->email='nakada@gmail.com';
$data->save();

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です