WinRoadのLaravel4初心者講座

次世代PHPフレームワークのLaravel4を初心者向けに解説して参ります。

Winroad徒然草の管理人がお届けします
DB::table()メソッド

DB::table()メソッド

このエントリーをはてなブックマークに追加

DBクラスのtableメソッドは、データベーステーブルに対してFuleuent Queryビルダーのクエリを開始します。

DB::table(テーブル名)

DB::tableメソッドは、引数で指定したテーブルに対するクエリを開始します。DB::select(‘SELECT * FROM テーブル名)メソッドと同じクエリを生成します。

基本例

Route::get('user',function(){
 $sql=DB::table('users')->get();
 echo "<ul>";
 foreach($sql as $s):
 echo "<li>".$s->email."</li>";
 endforeach;
 echo "</ul>";
 $sql=DB::select('SELECT * FROM users');
 echo "<ul>";
 foreach($sql as $s):
 echo "<li>".$s->email."</li>";
 endforeach;
 echo "</ul>";
});
  • 2行目と8行目は、全く同じ結果になります。ブラウザで表示すると下記のようになります。
    laravel4_081
  • つまり、DB::tableメソッドは、デフォルトで、QueryビルダーのSELECT文を発行します。同様に下記とも同じ結果になります。
    DB::table(‘users’)->select(‘*’)->get();

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です