WinRoadのLaravel4初心者講座

次世代PHPフレームワークのLaravel4を初心者向けに解説して参ります。

Winroad徒然草の管理人がお届けします
Builder::lists()メソッド

Builder::lists()メソッド

このエントリーをはてなブックマークに追加

Illuminate\Database\Query\Builder::lists()メソッドは、DBクラスやModelクラスのメソッドチェーンとして使用します。

Builder::lists(カラム,キー)

Builder::listsメソッドは、第1引数で指定したカラムの値のリスト配列を生成します。第2引数は、オプションでキーを指定します。デフォルトはNULL値です。

基本例

//Fluentクエリービルダー
DB::table('users')->lists('email');

//Eloquent ORM
User::lists('email');

//上記のリストを表示する
echo '<ul>';
foreach($sql as $s):
echo '<li>'.$s.'</li>';
endforeach;
echo '</ul>';
  • 10行目:$s->emailではなくて、$sである点に注意(勘違いしやすい)。

基本例2

//第2引数を指定した例題
Route::get('user',function(){
$sql=User::lists('email','id');
echo '<ul>';
foreach($sql as $key=>$s):
echo '<li>ID'.$key.'のemailは'.$s.'</li>';
endforeach;
echo '</ul>';
});
  • 3行目:第2引数にidをキーとして指定しています。
  • ブラウザで表示すると下記のようになります。
    laravel4_082

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です