WinRoadのLaravel4初心者講座

次世代PHPフレームワークのLaravel4を初心者向けに解説して参ります。

Winroad徒然草の管理人がお届けします
Bulider::lists()メソッド

Bulider::lists()メソッド

このエントリーをはてなブックマークに追加

Bulderクラスのlists()メソッドは、カラム値のリスト配列を取得することができます。※前にも記述していますが、間違いやすいので、再度具体例を挙げてみました。

Builder::lists(‘カラム値’,’キー’);

lists()メソッドは、第1引数にカラム値を指定します。第2引数は、オプションで、キーを指定することができます。※注意する点は、第1引数が値、第2引数がキーだと言うことです。間違いやすいので、要注意。

基本例1

//クエリービルダー
$roles=DB::tables('roles')->lists('name');
//EloquentORMの場合
//$roles=Role::lists('name);
echo var_dump($roles);
//表示例
array(6) { [0]=> string(5) "Admin" [1]=> string(7) "Manager" [2]=> string(9) "Moderator" [3]=> string(5) "Staff" [4]=> string(4) "User" [5]=> string(6) "Banned" }

基本例2

//第2引数にキーを指定
$roles=Role::lists('level','name');
return var_dump($roles);
//表示例
array(6) { ["Admin"]=> string(3) "100" ["Manager"]=> string(2) "70" ["Moderator"]=> string(2) "50" ["Staff"]=> string(2) "30" ["User"]=> string(1) "1" ["Banned"]=> string(1) "0" }

基本例3(具体例)

//ルーター
Route::get('sample', function(){
 $data['roles']=Role::lists('id','name');
 return View::make('sample',$data);
});

//sampleビュー

<!-- フォームのリスト表示 -->
{{ Form::open() }}
{{ Form::label('ロール') }}
{{ Form::select('role',$roles) }}
{{ Form::submit() }}
{{ Form::close() }}

<!-- リスト表示 -->
@foreach($roles as $key=>$value)
<ul>
<li>{{ $key }} : {{ $value }}</li>
</ul>
@endforeach

laravel029

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です