WinRoadのLaravel4初心者講座

次世代PHPフレームワークのLaravel4を初心者向けに解説して参ります。

Winroad徒然草の管理人がお届けします
Sentry2の導入

Sentry2の導入

このエントリーをはてなブックマークに追加

Senty2はLaravel4で使用できる高機能認証パッケージでLaravel以外にFuelPHP、CodeIgntiterでも使用できます。パッケージの依存管理は、composerで行っていますので、composer.jsonにパッケージを追加記述して、composer updateを実行し、プロバイダーの追加とエイリアスの追加を行えば、使用できるようになります。

詳細は、Winroad徒然草の「Laravel4でSentry2パッケージの追加」、「Sentry2でデータベーステーブルの作成」を参照していただければ分かると思いますが、、簡単に手順を記載しておきます。

  1. composer.jsonに追加記述
    "cartalyst/sentry":"2.0.*"
  2. composer updateの実行
    laravelをインストールしているルートフォルダ(ディレクトリ)へ移動して、コマンドプロンプトからcomposer updateを実行します。
  3. app/config/app.phpにプロバイダーの追加記述
    環境ファイルapp.phpの115行目にプロバイダーを追加します。

    'Cartalyst\Sentry\SenryServiceProvider',
  4. Senty::メソッド名で、使用できるようにするために同じくapp.phpの180行目にエイリアスを追加します。
    'Sentry'=>'Cartalyst\Sentry\Facades\Laravel\Sentry',
  5. データベーステーブルの作成
    ルートフォルダ(ディレクトリ)へ移動して、Artisanコマンドで、データベーステーブルを作成します。

    php artisan migrate --package=cartalyst/sentry

    ※packageの前のハイフォンは2個です。
    ※Artisanコマンドが初めての方は、先にmigrationsテーブルを作成して下さい。

    php artisan migrate:install
  6. 基本となるのグループを作成します。※最低AdninistratorsグループとUsersグループは作成した方がいいと思います。
  7. Adminユーザーを作成します。
  8. Loginコントローラーの作成
    ルーターでログイン用のロジックを作成してもいいのですが、Login関連のメソッドを作成するために、Loginコントローラを作成します。
  9. Loginフィルターの作成
    ログインしたユーザーによって閲覧できるサイトを振り分けるためにLoginフィルターを作成します。

以上の手順で作成していきたいと思いますが、1~7迄は、WinRoad徒然草でご紹介していますので、より実践的に使用するためにLoginコントローラの作成から次回以降、ご紹介していきたいと思います。

« »

コメント

  • nojima より:

    いつも参考にさせて頂いております!
    Laravelを使って簡単なサービスを作ってみたところです。これからロールベースの認証を導入しようかと思ってます。

    下記、タイポがありましたのでお知らせします。

    3. app/config/app.phpにプロバイダーの追加記述

    ‘Cartalyst\Sentry\SenrySeviceProvider’,
    ー>’Cartalyst\Sentry\SenrtyServiceProvider’,

    5. データベーステーブルの作成

    php artisan migrate –package=cartalyst/sentry

    • nakada より:

      nojima 様
      コメントありがとうございます。
      修正しておきました。
      これからもよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です