WinRoadのLaravel4初心者講座

次世代PHPフレームワークのLaravel4を初心者向けに解説して参ります。

Winroad徒然草の管理人がお届けします
Input::get()メソッド

Input::get()メソッド

このエントリーをはてなブックマークに追加

フォームから一つの値を取得するにはInput::get()メソッドを使用します。

Input::get(キー、デフォルト値)

Input::get()メソッドは、第1引数で指定したキーの値を取得します。第2引数はオプションで、第1引数に指定したキーの値が存在しない場合のデフォルト値(代替値)を指定することができます。

基本例

{{ Form::open() }}
{{ Form::text('email','nakada@gmail.com') }}
{{ Form::password('password') }}
{{ Form::submit() }}
{{ Form::close() }}

//上記フォームからデフォルトのままの値を送信すると、

$email=Input::get('email');
$password=Input::get('password');

//emailキーで'nakada@gmail.com'を、passwordキーで''(空白)の値を取得します。

尚、Input::only(‘email’)では、’email’=>’nakada@gmail.com’の連想配列を取得しますので、値の取り出し方が違いますので、注意してください。

基本例2

Route::get('test',function(){
return View::make('test');
});
Route::post('test',function(){
echo Input::get('email')."<br>";
echo var_dump(Input::all());
});

上記例では、ブラウザで下記のように表示されます。

nakada@gmail.com
array(3) { [“_token”]=> string(40) “TIjEWgr52SXeX3SpBZVrzu9rwESFyOXS2f9tavCl” [“email”]=> string(16) “nakada@gmail.com” [“password”]=> string(0) “” }

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です