WinRoadのLaravel4初心者講座

次世代PHPフレームワークのLaravel4を初心者向けに解説して参ります。

Winroad徒然草の管理人がお届けします
コマンドプロンプトからのインストール

コマンドプロンプトからのインストール

このエントリーをはてなブックマークに追加

Windowsのコマンドプロンプトからlaravel4を簡単にインストールする方法を調べてみたいと思います。

  1. 事前にcomposerはインストールしておいてください。参照(コンポーサーのインストール
  2. 次に、インストール先のフォルダを作成します。※ここでは、xamppのhtdocsフォルダ内にlaravel名でフォルダを作成する事にします。※先にフォルダを作成していなくても、3.のコマンドで、フォルダがない場合、自動的にフォルダが生成されますので、この行程は省略できます。
    mkdir C:\xampp\htdocs\laravel
  3. コンポーザーのコマンド[composer+createproject+リポジトリ名+フォルダ名+dev-master –prefer-dist]でインストールします。※ここでは、上記で作成したフォルダ[C:\xampp\htdocs\laravel]にインストールします。
    composer create-project laravel/laravel C:\xampp\htdocs\laravel dev-master --prefer-dist
  4. 尚、川瀬裕久氏が提供している日本語版をインストールするには、上記のリポジトリ名をlaravel/laravelからlaravel-ja/laravelに変更すれば、インストールすることが出来ます。
    composer create-project laravel-ja/laravel C:\xampp\htdocs\laravel dev-master --prefer-dist

一発君ヘルパー

  1. 尚、川瀬裕久氏が提供しているLaravel4日本語版には、代表的なパッケージを簡単にインストールすることが出来る『一発君ヘルパー』が付属しています。
  2. ippatsu-kun.shファイルを右クリック→プログラムから開くをクリックして、テキストエディタで開いて下さい。※決してダブルクリックで、開こうとしないで下さい。これは、シェルコマンドで、ミッションインポッシブルのようにミッション終了後に自動的に自分自身を削除するように作成されています。
    laravel002
  3. あとは、読んでいただければ分かると思いますが、PHPUnitとMockeyは必ずインストールされるように作られています。
  4. それ以外のパッケージは、インストールしたいパッケージの左の#を削除して下さい。
  5. たとえば、認証パッケージのcartalyst sentryをインストールしたい場合は、101目の#を削除して、sh ippatsu-kun/cartalyst-sentry.shを有効にして下さい。
    laravel001
  6. インストールしたいパッケージの選択が終わり、ファイルを保存終了したら、ippatsu-kun.shをダブルクリックで、起動します。
  7. すると、Git Bashが起動して、選択したパッケージがインストールされます。
    laravel004
  8. ミッション完了後にippatsu-kun.shとippatsu-kunフォルダが削除されます(*´∀`*)。
  9. laravel/app/config/app.phpを開いて確認してみると、自動的にサービスプロバイダーの登録も終わっています。簡単でいいですね。川瀬様、ありがとうございます。

尚、本記事は、川瀬裕久氏の『Laravel4、日本語版コマンド一発インストール』の記事を元に作成しております。

訂正

残念ながら、最新のバージョンでは、一発君ヘルパーは添付されていないみたいですね。川瀬様、一発君ヘルパーの復活を期待しています。(2014年4月10日)

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です