WinRoadのLaravel4初心者講座

次世代PHPフレームワークのLaravel4を初心者向けに解説して参ります。

Winroad徒然草の管理人がお届けします
Vagrant boxを起動する

Vagrant boxを起動する

このエントリーをはてなブックマークに追加

Vagrant boxを起動する前に、C:\Windows\System32\drivers\etcフォルダにあるhostsファイルへhomesteadを追加します。

hostsファイルのセキュリティ解除

hostsファイルを開く前に、下記の手順で、hostsファイルのセキュリティをフルコントロールに変更します。この手順を踏まなければ、このファイルは修正できません。

  1. hostsファイルを右クリック→プロパティとクリックします。
  2. セキュリティタブの編集をクリックします。
    2014-06-09 17-14-34
  3. hostsのアクセス許可ダイアログで、Usersを選択して、許可項目のフルコントロールにチェックを入れ、OKをクリックします。
    2014-06-09 17-17-47
  4. Windowsセキュリティダイアログが表示されたら、「はい」をクリックします。
    2014-06-09 17-19-18
  5. これで、hostファイルを修正することができます。

hostsファイルが修正できるようになったら、テキストエディタでhostsファイルを開き、下記を追加します。

127.0.0.1    homestead.app

2014-06-09 17-29-42

ファイルを保存したら、セキュリティを元に戻してください。

Vagrant boxを起動する

一通りの準備ができたら、C:\Users\Hide\laravelフォルダを作成してから、Homesteadフォルダに移動し、vagrant upコマンドを実行します。

 mkdir laravel
 cd Homestead
 vagrant up

2014-06-09 23-42-39

VirtualBox生成のセキュリティチェックが起動したら、はいをクリックします。

セキュリティソフトで新しいネットワークが検出されましたと表示されたら、自宅/職場ネットワークをクリックします。

2014-06-09 15-26-15

長々とコマンドが表示され、コマンド入力待ちモードになったらOKです。結構早いです、1分程度で終わります。

2014-06-09 15-27-11

VirtualBoxを起動してみてください。Homesteadが実行中になっているはずです。

2014-06-09 15-37-19

Vagrantの基本コマンド

下記にVagrantの基本コマンドを記述しておきます。

  • box
    boxを管理するためのコマンドです。サブコマンドにadd、list、remove、repackage等があります。

    • box add NAME URL
      与えられたURL(または、ファイルパス)のboxをVagrantに追加し、指定したNAME(ボックス名)で保存します。
    • box list
      Vagrantにインストールされているすべてのboxを一覧表示します。
    • box remove NAME PROVIDER
      指定したNAME(ボックス名)、PROVIDERに一致したboxをVagrantから削除します。
    • box repackege NAME PROVIDER
      指定したboxを再パッケージし、使用できるようにカレントフォルダに作成します。
  • init
    カレントフォルダ(現在のフォルダ)に、Vagrantfileが存在していなければ、初期状態のVagrantfileを生成し、カレントフォルダをVagrant環境にするために初期化します。最初の引数に、再生成する元になるボックス名、次の引数にそのボックスが存在するURLを指定します。
    vagrant init NAME URL
  • package
    このコマンドは、現在起動中のVirtualBox環境を、再利用可能なboxファイルにパッケージします。
  • status
    仮想マシンの現在の状況を確認します。
  • vagrant up
    仮想マシン(Homestesd)が作成されていないときは、仮想マシンを作成します。
    仮想マシン(Homestead)が既に作成されているときは、仮想マシンを再開します。
  • vagrant suspend
    仮想マシンをスリープ状態にします。
  • vagrant resume
    仮想マシンをスリープ状態から、復帰させます。
  • reload
    仮想マシンを再起動させます。
  • vagrant halt
    仮想マシンをシャットダウンします。再開するときは、vagrant upを実行します。
  • vagrant ssh
    仮想マシンへシェルアクセスします。
  • vagrant destroy
    仮想マシンを削除します。

それでは、vagrantを削除してみたいと思います。vagrant destroyを実行します。

vagrant destroy
default:Are you sure you want to destroy the ‘default’ VM? [y/m]

yと入力してEnterすると、Homesteadが削除されます。

2014-06-09 15-45-29

VirtualBoxを起動してみてください。先ほどのHomesteadが削除されているはずです。

いよいよ、明日は、Homesteadを実際に動かして、使用方法を調べてみましょう。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です