WinRoadのLaravel4初心者講座

次世代PHPフレームワークのLaravel4を初心者向けに解説して参ります。

Winroad徒然草の管理人がお届けします
HTTPステータスコードとは

FAQ

HTTPステータスコードとは

このエントリーをはてなブックマークに追加

HTTPステータスコードとは、HTTPにおいてWebサーバーからのレスポンスの意味を表現する3桁の数字からなるコードで、RFC2616等によって定められている。

主なステータスコード

HTTPステータスコードは、1桁目が1~5になっており、それぞれ意味が異なります。簡単に説明します。

100番台(Informational:情報)

  • リクエストは受け入れられ、処理を継続している
  • 100 Continue(継続)
    クライアントは、処理を継続できる

200番台(Success:成功)

  • リクエストは正常に受信され、理解され、受け入れられた
  • 200 OK(成功)
    リクエストは成功し、レスポンスと共に、要求に応じた情報が返される
  • 201 Created(作成)
    リクエストは完了し、結果として新しいリソースが作成された
  • 202 Accepted(受理)
    リクエストは受理されたが、処理は完了していない

300番台(Redirection:リダイレクト

  • リクエストを完了するためには、さらに動作を行わなければならない

400番台(Client Error:クライアントエラー)

  • リクエストは、間違った構文か、果たすことの出来ないものを含んでいる
  • 400 Bad Request(不正なリクエスト)
    リクエストが不正な構文のためサーバーに理解されなかった。定義されていないメソッドを使うなど、クライアントのリクエストがおかしい場合に返される。
  • 401 Unauthorized(未認証)
    HTTPアクセス認証において、ユーザー認証が必要な場合に返すステータスコードです。
  • 403 Forbidden(禁止)
    サーバーはリクエストを理解したが、それを実行することを拒否した。アクセス権がない場合や、ホストがアクセス禁止処分を受けた場合などに返される。
  • 404 Not Found(未検出)
    サーバーがリクエストに一致するリソースを見つけられなかった場合に、返すステータスコードです。単にアクセス権がない場合などにも使用される。
  • 405 Method Not Allowed(許可されていないメソッド)
    許可されていないメソッドを使用とした場合に返されるステータスコードです。

500番台(Server Error:サーバーエラー)

  • サーバーがリクエストの処理に失敗した
  • 500 Internal Server Error(サーバー内部エラー)
    サーバー内部にエラーが発生した場合に返されるステータスコードです。CGIとして動作させているプログラムに文法エラーがあったり、設定に誤りがあった場合などに返される。
  • 501 Not Implemented(未実装)
    実装されていないメソッドを使用した場合などに返されるステータスコードです。
  • 502 Bad Gateway(不正なゲートウェイ)
    ゲートウェイ・プロキシサーバーが、不正な要求を受け取り、これを拒否した場合に返されるステータスコードです。
  • 503 Service Unavaliable(サービス利用不可)
    サービスが一時的に過負荷やメンテナンスで使用不可能な状態の時に返されるステータスコードです。

これ以外にもたくさんありますが、詳細は、下記のサイトを参考にしてください。

参考サイト

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です